聞き慣れない…「婚約式」ってなんのこと?

婚約式っていったい何?

日本ではまだまだ馴染みのない言葉の「婚約式」。元は、キリスト教信者の間で行われていたイベントなのです。今ではキリスト教信者だけでなく、外国で幅広く取り入れられています。婚約式は、結婚が決まってから結婚式前までに、親しい人たちに婚約を発表するイベントです。「結婚します!」ということを、みんなに発表するイベントというとイメージしやすいですね。なかには婚約指輪を贈ったり、結婚契約書にサインをすることも…。

結納とはどう違うの?

日本では結婚前に婚約品を贈りあったり、結婚契約書にサインしたりするイベントは「結納」と呼ぶことが多いです。しかし堅苦しいイメージから、結納を行うカップルもどんどん減ってしまいました。婚約式は結納よりも、もっとカジュアルなイメージです。婚約品や結婚誓約書を必ず用意しないといけないということではありません。「結婚します」という発表を、親しい方たちとの食事会でするだけでもいいのです。そのため、結納より行いやすい!と婚約式を考えるカップルも増えています。

どんな場所で婚約式をするの?

結納と言えば、由緒正しき料亭の個室で執り行ったり、となかなか堅苦しさを感じるもの。婚約式は、基本的にはどんな場所でもOKです。人数が多いなら、レストランを貸し切ってもいいですね。立食などカジュアルな雰囲気で行うケースも多いです。もちろん両家だけなら、どちらかの家で開催しても構いません。服装も女性は着物を着用しなくてもOK。ワンピースなどで参加できるのもいいですね。結婚式の2次会をしているカフェやレストランだと、おしゃれな雰囲気もあっていいですね。

品川の結婚式場では、ブライダルフェアも定期的に開催しているため、式場内の様子をチェックしたい場合には好都合といえるでしょう。