彼女にプロポーズ!知っておきたい婚約指輪のデザインと渡し方

プロポーズに大事なアイテム「婚約指輪」

婚約指輪とは、結婚の約束、すなわち婚約したことを証明するために男性から女性に贈られる指輪です。婚約指輪は結婚を決めてこれからプロポーズをするのに一番大事なアイテムですよね。どんな指輪をどんな形で渡すかは一生の思い出になる重要なことです。そこで大事なアイテム「婚約指輪」のデザインと彼女が喜ぶプロポーズの方法をご紹介します。

婚約指輪のデザインの種類

婚約指輪のデザインは、大きく分けると五種類あります。婚約指輪の定番デザインで、石を1粒だけをセットしたリング「ソリティア」、メインの石の脇にメレダイヤを添えた華やかなデザインの「メレ」、アームにメレダイヤをいくつも敷き詰めたゴージャスなデザイン「パヴェ」、同じサイズのカットしたリングにダイヤを半周か一周並べた終わりない永遠の愛を意味したデザイン「エタニティ」、ピンクやブルーなどファンシーカラーのダイヤなどの天然で美しい色が魅力的なデザイン「色石リング」です。彼女の雰囲気や好みに合わせて送ってあげると良いでしょう。

彼女が喜ぶプロポーズとは?

婚約指輪を渡してプロポーズをするには、いつ渡すかも大切です。二人の記念日に渡すことで一生の記念日になります。また、誕生日プレゼントと共に渡してあげるのも良いでしょう。渡し方もちょっとしたサプライズが必要です。本を贈り最後のページに貼っておくなど、ちょっとしたさりげないサプライズでも喜ばれるのではないでしょうか?もちろん何でもない日にあえてプロポーズするといった方法もあります。期待していない分驚きと喜びも倍増し、一番のサプライズになるかもしれないですね。プロポーズは女性にとっても一大イベントですから、愛する彼女の一生の思い出になるように頑張って下さい。

婚約指輪は婚約時に男性から女性へと贈られる特別な指輪で「給料の3カ月分」とも表現されます。ちなみに結婚指輪と同一視されがちですがこちらはペアリングの事です。