子供の写真の撮り方や撮るときに気をつけるポイント

子供の写真を撮っておくとどんな事がよいか

子供の写真は撮っておくと運動会や卒業式、初めて出来たことなど子供のたくさんの思い出を残しておくことが出来ます。

子供の写真はどうやって撮ればいいか

子供の写真をしっかりと撮る方法の1つ目は「子供と遊びながら取る」です。そうするとカメラを気にせず遊んでいるいつもの様子を取ることが出来るからです。カメラ目線をはずしたり子供の視点で移すことで上手な写真が撮れます。大人が見ていると特に特徴の無い普通の写真になってしまいますので、できるだけ自然体で撮るように心がけましょう。

子供の写真はどのような場所で撮ればいいか

子供の写真を撮る場所ですが、イベントやお出かけのときに撮ることが多いでしょう。しかし、小さいうちは子供の成長を写真を見て追うことができることが大切ですので何気ない家の中での一こまをたくさん撮ることも大切なことです。

子供の写真を撮るときに気をつけること

子供の写真を撮るときに気をつけることですが、小さいお子様はカメラなどを向けると逆にどこかに行ってしまったり、わざと変な顔をされたりしてしまうことがありますので、子供に見られないように上手く撮影することがポイントです。また、子供は写真を残すことの意味はわかりませんので、写真をとるための作業を面倒に思ってしまうことがあります。写真を撮る行為を子供にとっても意味のある行為と伝えながら撮ることが大切です。

上手な写真の撮り方は

「はいチーズ」と言って目線ばかりを気にして撮影している人がいますが、それでは自然な写真を撮ることができません。何かに集中している自然な表情の写真は時がたっても何度も見たくなる思い出の写真になります。勿論、カメラ目線の写真も思い出の写真になるので、バランス良くいろいろなパターンで撮影すると良い写真をたくさん残すことができます。

『スクールフォト』とは幼稚園や保育園、学校行事などで撮影した写真をインターネットで簡単に、いつでもどこでも、見れる・買えるサービスのことを指します。